Adz Group Founder Appointed First Executive-in-Residence at Duke University

Adz Groupの社長、Alden Zechaはデゥーク大学のFuqua School of Businessの初めてのケースエグゼクティブ・イン・レジデンスの任命の発表を致します。

オフィシャルの発表は CASEのサイト. でお読みください。以下はAdzスタッフからの翻訳でございます。

社会的に影響を与える次世代リーダーを育てるために、クラスでの授業だけにはとどまりません。私たちは現実世界の課題に取り組んでいる実業家と学生をつなぎ、研究を実践に代え、創案者が改善し、影響を与え、広がっていくことを確認していくことを役割としています。

この重要な仕事に貢献するために、初めてのケースエグゼクティブ・イン・レジデンスの任命をここに発表できることを、とても光栄に思っています:Sproxil®共同創設者兼CFO及び戦略家でもあるAlden Zechaです。

Zechaはオペレーション、戦略、財務での幹部経験が35カ国以上で25年以上あり、最新では革新的なSMSテキストメッセージサービスを通じてブランド保護とモバイルマーケティングサービスを提供するSproxilを引っ提げて、CASEに来ました。

このサービスは、消費者が購入する医薬品や他の製品が本物であるか、ペスト患者、規制機関、およびグローバルヘルスケア業界で患者を悩ます偽造薬の闘いにおける重要なツールとして、消費者が確認することができます。

偽の 抗マラリアと結核薬でのみで、毎年70万人の死亡報告がされています。Zechaは、Sproxilの成長をリードしてきており、今では10以上もの業種、グローバルフットプリント、そして現在まで2,000万以上の製品の検証に達します。

2015年11月から一年間、ZechaはCASEエグゼクティブ・イン・レジデンスとして活動の範囲に関わっていくことになります。フュークアクライアントコンサルティング実習(FCCP)の学生チームの指導から、スマートインパクトキャピタルとデューク大学の社会起業アクセラレータ(SEAD)のようなケースの取り組みの指針に関わります。

また、Zechaは、CASEのリーダーシップワークをCASE’sチャット、公共講演、および当サイトのブログの記事を介して貢献します。Zechaの最も最新の事例として、スケーリングからのカバーされたトピック、インパクトのある投資、社会起業家のトレンドなどここからご覧になれます。

「エグゼクティブ・イン・レジデンスプログラムでの私たちの目標は、国内外のソーシャルベンチャーでの深い経験のあるオールデンZechaから利益を得る機会をフュークアコミュニティを提供することです」「私たちは、フュークアの学生と私たちのチームは彼の実世界の経験と洞察力にアクセスする必要がありますことを励起されます。これは、私たちのコミュニティのための素晴らしいリソースです。」CASEエグゼクティブディレクターエリン・ウォーシャムは言いました。

「Sproxilは2012年にSEADプログラムのメンバーになり、私はCASEとそれぞれの専門家たちと仕事をしていることに感銘を受けてきました。CASE i3のコンサルティング実習を通じてSproxilの驚くような作品によって実証されるようにフュークアの学生も同様に印象的でした。私はCASEとフュークアでのさらにたくさんの仕事を楽しみにしています。」

Go to top